奈良市内 静かな古都散歩コース

新薬師寺、百毫寺、懐石ランチ、おしゃれカフェ、高畑地区散歩コース

 

あまり観光客が訪れない、静かな高畑エリアの散歩です。

地域の中心である新薬師寺と百毫寺を参拝し、ご住職に説明をしていただきます。

東大寺とは異なる静かさに、きっと癒されます。

高畑散歩MAP

高畑町のみどころ

高畑エリアは、奈良公園エリアの隣に広がる区域の名称です。

※高畑町交差点

かつては春日大社の神職らが住む「社家町しゃけまち」であり、近代には志賀直哉(しがなおや)をはじめとする文化人が好んで住まいを置く地域でありました。

※志賀直哉旧居へ入る所(高畑町交差点から左側を東へ歩き)

※高畑町交差点から東へ約800m、新薬師寺方面へ入る所

※高畑町交差点南、破石町(わりいしちょう)バス停付近

※破石町バス停から春日社家町通りを東へ、新薬師寺方面へ(やまと屋人力車など)


新薬師寺を筆頭に、志賀直哉旧居(しがなおや きゅうきょ)・不空院(ふくういん)・奈良市入江写真美術館・百毫寺(びゃくごうじ)などの観光スポットがありますが、基本的には静かな町で、ゆっくりと散策(さんさく)するにはもってこいのエリアとなっています。

現在でも石壁(いしかべ)が立ち並ぶ風景や、レトロ感あふれる近代和風建築にその面影(おもかげ)を見ることが出来ます。

 土塀(どべい)の道を歩くと、太古にタイムスリップした感覚になりますし、新薬師寺の12神将に出会うと、さらなる感動を覚えることでしょう。

日々の喧騒(けんそう)から逃れ、ぜひゆっくりと高畑町を散策(さんさく)して、いにしえの奈良を十二分にお楽しみください。

Nara Takabatake area Map  高畑地区地図

お勧めのコース


半日コース(4月時間コース) 1日限定20人  (計画中)

 

国宝12神将像の新薬師寺散策  ご住職のお話しとご案内    

→ 古民家で奈良懐石ランチ

→ 百毫寺散策

→ くつろぎCafé ろくさろんでまったり 

 

食事・拝観料・喫茶込み 5,000円         

 11:00 新薬師寺拝観者受付にて申し出 ご住職の案内で本堂・国宝など参拝

 12:00 自由に新薬師寺内参拝  お守り、御朱印帳など  徒歩7分の長谷川に移動  

 13:00 古民家旅館 長谷川で懐石ランチ

 14:00 ランチ後 百毫寺に移動(長谷川から徒歩15分 参拝の石畳階段があります)

 14:30 百毫寺  奈良市内を一望しながら休憩

 15:30 ゆっくり散策

 16:00 カフェろくさろん でまったり休憩 (百毫寺から徒歩15分)

     自由解散

特典     新薬師寺 ご住職のお話と説明を聞けます。

    懐石ランチは特別コースです。

    カフェろくサロンは 和室のご利用も可能です(事前申し込みの場合)


贅沢に一日コース 8時間(人力車コース)1日限定10人 (計画中)

 

優雅に人力車で送り迎えを行う、ゆったりのんびり贅沢な半日コースです。

ホテル(JR奈良駅、近鉄奈良駅近辺)または指定場所へお迎え(人力車)

国宝12神将像の新薬師寺参拝 ご住職の説明とご案内(ホテル~新薬師寺 人力車)

 

→ 古民家旅館で懐石ランチ 

→ 百毫寺参拝 

→ Caféろくさろんでまったり

→ ホテルまたは指定場所へ人力車で(ろくさろん~ホテル 人力車)

 

費用    20,000円 詳細  

 09:00 ホテルに人力車でお迎え(新薬師寺までご案内します) 

      途中で観光も少しお楽しめ頂けます。(車夫さんのご案内で)  

 10:00 新薬師寺拝観者受付にて申し出 ご住職の案内で本堂・国宝など参拝

 11:00 自由に新薬師寺内参拝 お守り、御朱印帳など 徒歩7分の長谷川に移動  

 12:00    古民家旅館 長谷川で懐石ランチ

 13:00 ランチ後 百毫寺に移動(長谷川から徒歩15分 参拝の石畳階段があります)

 13:30 百毫寺  奈良市内を一望しながら休憩

 15:30 ゆっくり散策

 16:00 カフェ「ろくさろん」でまったり休憩(百毫寺から徒歩15分)

 17:00 人力車で「ろくさろん」からホテルまでお送りします。

 

特典 新薬師寺 ご住職のお話と説明を聞けます。

   懐石ランチは特別コースです。

   カフェろくサロンは和室のご利用も可能です。(事前申込みの場合)

           車夫さんからも楽しいお話が聞けます。 





お昼のランチ


白毫寺(びゃくごうじ)

白毫寺は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基は勤操と伝える。奈良市街地の東南部、春日山の南に連なる高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建つ寺である。関西花の寺二十五霊場第18番。 なお、寺号の「白毫」は、仏の眉間にある白い巻毛のことである。 ウィキペディア